So-net無料ブログ作成
前の10件 | -

ここまでで「真冬の日なたぼっこ」CDのすべてです。 [解説]

 ここまで紹介してきた26曲が,自費製作何と5枚!「真冬の日なたぼっこ」CDのすべてです。20数年前に作った曲ばかりですが,お気に召したものがあったでしょうか。

 この後は,CDにはしなかった,デモテープ止まりの曲,なんてのをいくつか,紹介できたらいいなと思っています。(いやぁ,「CDにしなかった」=「楽曲としてのレベルが低い」,なんですけどね…。それでもまだ何曲かはあるんです…。) さび付いたMTRをたたき起こして,パソコンと繋いで作業してみようと思っています。もしここをご覧になっている方で当時の私たちを知っているならば,リクエストなんてあれば,優先的にアップしようと思います。(いや,そんな人はすごく少ないはず…。)

 よろしければ,今後もお付き合いくださいね 。

IMG_20121119_230602.jpg


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

愛していたい [楽曲 Disk2]

(アルバム,最後の曲です。)
 教員になって,色々な生徒をたくさん見ていくうち,生徒が行き詰まっている場面,あるいは教師が行き詰まっている場面,たくさん見たし,自分も経験し…。生徒は何だかわからないままに社会や大人の用意した坂を登らされている…。みんなが登るから自分も登らなきゃと思うのだけれど,なぜ登らなきゃいけないのか,その辺がよくわからない。けど,登らなきゃ。そんなとき,ふと疲れた時に,何をよりどころにすればいいんだろう…。何を信じればいいんだろう…。そんなことを考えていて唄ができました。教員の私から見ている,生徒のことを唄いました。私自身,生徒を信じることができない場面,たくさんあるんです。でも,ウソをつかれていても信じていたい。裏切られても信じていたい。怒らずに,ニコニコしていたい。「YAI!」で教育への疑問を唄いました。「日向先生の唄」で教員の実際を唄いました。そしてこの唄で,教員として(いや,人間として)自然体で生徒と関わっていきたい,そして自然体でありのままを吸収して大人になって欲しいという願いを込めました。

 21世紀を迎え,教育界の現状は子どもたちの心も,教職員の心も悲惨です。親の命を奪う子どもや,我が子の命を奪う親…。他人の体や心を平気で傷つけ,犯罪を犯したあとも何食わぬ顔のできる人間たち…。
 そのすべての原因は?と聞かれた時,真っ先に上がるのが,「教育」です。で,そこにいる大人である教員は何もしていないのか? 時には何もしていません。でもほとんどは何かをしています。何とかしなければとうごめいているのです。

 この唄を聴いているあなたが大人なら,あなたに聞きたい。「自分や他人の子から感動させられたことはありますか?」 この唄を聴いているあなたが子どもなら,あなたに聞きたい。「どんな大人になりたいですか?」

歌詞


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

通の駐車場 [楽曲 Disk2]

 この曲には私とken2のすべてがある。私たちの代表作は?と聞かれれば,私も,ken2も何の迷いもなく「通の駐車場」と答えるだろう。私たちの青春,それが,この曲にある。私たちの音楽,そのすべてがこの曲にある。私たちのハモりがこの曲にある。私たちのギターがここにある…。言い出せばきりが無い。
 事の発端は旭町2条3丁目に実際にあったラーメン屋「さなだ」。常連客だった私たちは,料金の値引き,果てはチャーシュー1枚無言のサービス!に,なるほど通い詰めた。折しも車の免許をとり,自家用車を持ち始めた私たちは,さなだへも車で通うようになった。しかし,店には「駐車場あり」の札はあるものの,その駐車場というのはやや離れた「梅の湯」の駐車場の隣にあり,しかも,1台分しかスペースはなかった…。あまり知られていないその駐車場を私たちはいつも利用していたのだ!(通だぜ!) いつの世の中にもライバルはいるもので,お客さんの中にその駐車場を知っている奴がいた! さぁ,どうする。車が停められない。なに,焦ることはない。向かいの道銀(北海道銀行)の横に道銀利用者専用の駐車場があるじゃないか!

 しかし,しかしだ。その後,さなだは忽然と姿を消し(いつの間にか閉店),今はその懐かしい味を堪能することができない。
 あまりに世話になったラーメン屋「さなだ」。さなだを唄にしたい。唄にして世間に知らしめたい。そうしてできあがった曲がこれ。世間に知らしめるために,YAMAHAのコンテストにも送ったけれど,絶賛はされたが賞には入らなかった…。
 ところでken2,あと作っていないのは,「宇宙堂」の唄だよ!

歌詞


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

とどけこの唄 [楽曲 Disk2]

 遂にヒロエちゃんが唄いに来てくれた! しかも私たちの曲を! ヒロエちゃんに敬意を払って「その唄」は「この唄」に変更。わずか1日のレコーディングで十分に唄い切れていなかったかもしれませんが,私たちの曲を私たち以外の人がカバーするという,画期的な出来事でした。間奏に入っているチェロもなかなかです!
 今思えば,この頃が一番楽しかったかも…。毎日ワクワクしていた。車の中ではいつも自分たちの曲が流れていた…。後から後からイメージがわいてきた…。(ふと思い出し)やっぱ,年なのかなぁ…。

歌詞


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

とどけその唄 [楽曲 Disk2]

 ヒロエちゃんの応援歌とも言うべき「唄い続けて」,そのヒロエちゃんバージョンを作成していて,私が唄いました。この曲がまとまってきたら,いよいよ彼女に唄ってもらおう,と言う作戦でした。この頃はken2はタンバリンを入れたいとたんばりん(?)。さらに気合いを入れて「転調」まで取り入れて! しかもラストはフェードアウト! …楽曲としては未熟でも気合いはたっぷりでした。

歌詞


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

いつもいつも [楽曲 Disk2]

 一世を風靡した「オフコース」の曲です。Ken2が痛く気に入っていて,ハーモニーが美しく,一緒にやってみようと言うことでやってみました。やはりコーラスは難しい。何度も繰り返してもやっぱ音が外れてしまう…,と言うわけで途中までですが…

歌詞


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

妖精パック [楽曲 Disk2]

 恐れ多くも「シェークスピア」! しかもその代表作「夏の夜の夢」をやってしまうなんて! 今考えれば若き故の無謀。文学的解釈が様々にある古典的名作を,たいした解釈もせず台本通りに上演してしまうなんて! たくさんの方に見ていただいたのですが,およそシェークスピアをかじったことのある方は愕然としたと思います。ただ,劇団としては脂の乗っている頃で,若さと勢いと楽しさがあった。まずは自分たちが楽しんでいた。演劇って,それでいいのかな,それが芝居なんだな,と思った脚本でした。自分なりにパックにふさわしい曲を,と言うことでノリのいい曲作りに励んだ結果でした。ただ,本番はドラム無しでしたので,この曲のドラムも,リズムマシンによる一定のリズムを刻んでいるにすぎません。(その証拠にラストはドラムがフェードアウトしていく…)
 ま,おかげで今でも「シェークスピア? ああ,やったよ。」と偉そうに言っていますが…。そこはそれ,「タンとタタンでタンタタン!」(意味不)

歌詞


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

LALALA [楽曲 Disk2]

 「妖精パック」のための,Ken2との練習です。どんな風に使われるかは,次の曲を聴いてみてください。ハモりって,難しい。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

夜のヒットスタジオ [楽曲 Disk2]

 絵夢で「大きな木」を上演した時の挿入歌です。たまたま私が暖めていたネタと芝居上のシーンが重なり,唄になりました。本当はもっと長いのですが,後から聞くとどうしても自分なりに納得できない歌詞になってしまっていたのでフェードアウトしています。(いいのかそれで?)

歌詞


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

Only for You [楽曲 Disk2]

 十勝の中学校にいた頃の生徒の作詞です。多少私の詩が入っています。高校卒業後からずっと札幌で暮らしているようですが,元気かな?
(現在は結婚もされて,お子さんもいるようで,毎年,年賀状をいただきます…)

歌詞


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽
前の10件 | -

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。